売上が60倍になる?商品はPP袋から出そう! |

2015.1.15

売上が60倍になる?商品はPP袋から出そう!

こんにちは!

 

時間がない!探し物が多い!でお困りの雑貨屋さん向けの店舗ディスプレイアドバイザー、小林れいです。

今日は「売れるディスプレイテクニック」として「袋から出そう」というタイトルにしました。

 

あなたのお店では、商品のPP袋(透明の袋)から出して、商品を陳列していますか?

 

セロハンに入れた商品

・汚れたら困る

 

・繊細なものだから

 

・高級なものだから

 

と、納品時のPP袋(透明の袋)に入れたまま店頭に出したり、そのままで仕入れた品物をわざわざ袋に入れていませんか?

 

ではちょっと、違う角度からご質問しますね。

 

あなたの目の前にいちごと生クリームののったケーキがあります。

 

ひとつはラップが掛かったもの、もう一つはそのままのもの。

 

どちらがおいしそうに感じるでしょうか?

 

ね?わかりますか?

 

ラップをしていないケーキのほうが、いちごや生クリームの香りが漂い、触らなくても触感、舌触りなど想像しやすいでしょう。

 

しかしラップをしているケーキはどうでしょうか。

 

香りもしないし、照明が反射するだけでちっともおいしそうに見えない・・・ですよね。

 

これは雑貨や商品にも当てはまります。

 

私がよく売上が60倍になった、とお伝えしている、アクセサリー(ピアス)の例です。

 

私がディスプレイを担当していた大手和雑貨店にて、オリジナルデザインのピアスが売れずに、かなり困っていました。

 

ニューオープンで思わず作ってしまった、オリジナル商品、在庫は3000個。

 

そして開店から1年で売れた数は10個にも満たない・・・。

 

1ヶ月に1個のペースです。

 

3000個売るには、何十年かかるのでしょうか。

 

デザインや価格、その他、販売側からすると、売りにくいものというのもありました。

 

しかし最大の原因は「袋」

 

確かにピアスは衛生上、試着をお断りすることが多いですよね。

 

ですが、そのお店は「破損・汚損」を気にするあまり、PP袋(時には納品されたチャック付き袋)から出さずに店頭に並べていました。

 

これではお客様が耳元に当てても雰囲気が伝わりません。

 

しかし、袋を取って、なんと毎日2個以上売れるようになったのです。

 

その作業、ひとつあたりたったの5秒。

 

ちなみに・・・その袋を取ったほうがいい、という話を通すのに、1年かかりました。

 

というか、私、勝手に取りました(笑)

 

本当はクライアントさんの許可無く、こういうことをしてはいけないのですが、そのお店は頑固だったので、もうやって見せなきゃわからない、と思ったから、しました。

 

そうしたらあれよあれよという間に在庫も減って1年ちょっとで完売。

 

企画の方から

 

「追加しようか」

 

と言われるくらい売れる商品になりました。

 

やはり、袋から出したほうが、試着は出来なくても、質感や品物の良さは伝わるんです。

 

汚損、破損が気になるなら、そうなる前に売り切ればいいのです。

 

ちなみに、商品はいいのにメーカーさんが作ったパッケージが悪くて売れないケースもあるので、そんな時は躊躇無く出していいですよ!





まずは在庫管理とディスプレイの基礎を知りたい!という方は

無料メールセミナーの受講がお勧めです!
mainimg_top

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • お問い合わせはこちらから