「ギフト用にお包みしますね」あれ?専用の箱がない?! |

2014.12.21

「ギフト用にお包みしますね」あれ?専用の箱がない?!

こんにちは!店舗ディスプレイアドバイザー、小林れいです。

私がお仕事をさせていただいていた雑貨店では、アルバイトさんも複数いらして在庫の場所を共有するのが大変でした。

特に食器類はギフトにも使える「その形専用の箱」があることが多く、初めは真下の引き出しにしまっていたんです。

でも誰かがディスプレイを変えたり、在庫の位置を変えると・・・ほかの人がパニック!

「ギフト包装で、箱が欲しいとおっしゃられてるのに、、、箱が見当たらな~い」

 

ということがしょっちゅう起きていました。
それで工夫したのが、コレ。

それまでは真っ平に全部並べていたので、後ろのものは見えないし、左右の商品との差別化も出来ませんでした。

桐の箱は重みがあるものを載せても大丈夫ですし、「このような箱に入れてギフトにも出来ます」ということもPR出来ました。

今見ると「ここは変えたいな」と思う部分もありますが(笑)

食器類の箱は

・そばに置くことで探す手間が省ける。

・商品が少ないとき、穴埋めに使える

・段差として使えることがある

食器ではなくても、専用の箱はあると便利です。

ぜひお試しくださいね。





まずは在庫管理とディスプレイの基礎を知りたい!という方は

無料メールセミナーの受講がお勧めです!
mainimg_top
  • お問い合わせはこちらから