失敗しないテーブルディスプレイの作り方 |

2014.12.21

失敗しないテーブルディスプレイの作り方

こんにちは!店舗ディスプレイアドバイザー、小林れいです。

今日は失敗しないテーブルのディスプレイについて、です。

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

雑貨屋さんではメインになる位置や入口付近にテーブルを設置してディスプレイすることがありますよね。

それがなんとももったいない事になっているお店が多い気がします。

入口に置いている場合は、一目で「このお店に入ってみたい!」という魅力的な構成にすることが大切。

ちなみに写真のテーブルディスプレイは、売るためではなく、目を引いて中に引き込む役割として作ってみました。

ここで、レジに持っていく商品として作ってしまうと、お客様への目的(アプローチ)が散漫になってしまいます。

見せる場所、お買い上げ頂く場所はしっかり分けましょう。

(もちろんお客様の要望があれば、見せる場所の商品をお買い上げ頂くことは構いません)

また、テーブルは比較的天板が腰のあたり、と、手に取るには低い位置にあるので、なるべく見やすく高さを出す事が大切です。

ぜひ意識して、作ってみてくださいね!





まずは在庫管理とディスプレイの基礎を知りたい!という方は

無料メールセミナーの受講がお勧めです!
mainimg_top
  • お問い合わせはこちらから