レジは入り口のそばか、店の奥か |

2014.12.21

レジは入り口のそばか、店の奥か

こんにちは、店舗ディスプレイアドバイザー、小林れいです。

昨日に引き続き、動線のお話しです。

9212dba09b69f2a129382c79b6a6beca_s

動線を考える時に必ず必要なのがレジの位置です。

これもよくご相談いただきます。

入り口のそばがいいんじゃないか?

奥がいいんじゃないか?

さて、あなたはどう思われますか?

私は「奥」がいいと思います。

私たちが最初にオープンできるお店は小規模、つまり出入り口がひとつのところが多いです。

そこにレジを置いてしまうと、なんだか見張られているようでお客様は入りづらいんですね。

その点、レジが奥の場合、お店の人と顔を合わせたくない人は手前だけ見て帰ればいい、という安心感があります。

(まあ、狭い店なので、どうしたってお店の人とは顔を合わせますが・・・ちょっとした心理的なものです)

また、レジが奥にあることで、手前のものだけ買おうと思ったお客様も、奥まで呼び込めることができます。

お店はなかなか奥まで入ってきてもらうことが難しいので、いかに奥までじっくり見てもらうかがポイントなんです。

ただ、入り口と真向かいにレジがあると、これも心理的圧迫があるので、入り口から対角の角(奥)にあるといいのではないかなーと思います。

レジカウンターなどは作りつけてしまうと、動かせないので、ぜひ設計に入るまでの参考にしてくださいね。





まずは在庫管理とディスプレイの基礎を知りたい!という方は

無料メールセミナーの受講がお勧めです!
mainimg_top
  • お問い合わせはこちらから