動線を考えるとき。お客様はどう動いているか? |

2014.12.20

動線を考えるとき。お客様はどう動いているか?

こんにちは、店舗ディスプレイアドバイザー、小林れいです。

あなたはお店を見るとき、時計回り(右回り)、反時計回り(左回り)、どっちが心地よく感じますか?

dd7f8ac5f23b79f8756eb1589d66f4e9_s

また、無意識にしているのはどちらでしょう。

これは、動線を決める上でとっても大事。

普段、お客様がどんな動きをしているかじっくり見てみましょう。

だいたいこっちの棚から見るなあ、など傾向があるはず。

全く知らない、わからない、という方のためにお伝えしておくと

動線の基本というのは、反時計回り。

これは私がディスプレイ教わる時に最初に聞きました。

ちなみにディズニーランドも、反時計回りで回ることを想定されて設計されているようです。
もちろん好きなアトラクションが右周りの方向にある場合は、そこに直行すると思いますが(笑)

 

左(時計回り)から回る人もいると思いますが、反時計回りのほうがしっくりくる人が多いんだそうです。

ですから、反時計回りでストーリーを作っていくと、流れがスムーズです♪

開業されている方はもちろん、まだ開業されていない方も、自分でこんな風なお店にしたいなーというのを書いたりするときに、なんとなくで決めずに、反時計回りを基本にしてみてくださいね。





まずは在庫管理とディスプレイの基礎を知りたい!という方は

無料メールセミナーの受講がお勧めです!
mainimg_top
  • お問い合わせはこちらから