什器の適切な購入の仕方 |

2014.12.7

什器の適切な購入の仕方

こんにちは!店舗ディスプレイアドバイザーの小林れいです。

 

あなたのお店では、什器を買うときにどうやって決めていますか?

 

例えばこの2例、

「ここに段差が欲しいなー、この前見たあれ買おう」

「このカタログの什器かっこいい!これを置いたらうちの商品が引き立つかも!!」

 

どちらタイプでしょうか?

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

私の考えでは、前者は○、後者は△、です。

 

什器というのは、あくまで商品の引き立て役。

 

ですので、絶対必要だったら買ってください。

 

毎回「ここに段差があったらいいのになあ」と思うくらいなら、段差が作れる什器を買うほうが良いです。

 

ただ、什器メーカーのカタログを見て「カッコイイ」だけで購入するのは、ちょっと待って!

 

たしかにボロボロの什器を何十年も使っているとか、20年前の流行りだったマネキンを使っている・・・のだったら買うべきでしょう。

 

しかし大概後者のケースの場合、什器自体に惚れ込んでいて、商品のことは考えていない場合が多いのです。

 

買う前にもう一度考えてみて!

 

その什器はあなたのお店の「商品」が売れるために活躍してくれますか?

 

それとも、その什器がカッコイイからお店に置きたいだけでしょうか?

 

 





まずは在庫管理とディスプレイの基礎を知りたい!という方は

無料メールセミナーの受講がお勧めです!
mainimg_top
  • お問い合わせはこちらから