お客様がいれば、商売は成り立つ |

2014.11.25

お客様がいれば、商売は成り立つ

こんばんは!店舗ディスプレイアドバイザーの小林れいです。

今日のタイトルは、ケンカを売ってみました(笑)


「そんなんわかっとるんじゃー!どあほ!」

と言われてしまうかもしれません、すんまへん。(なぜか関西弁)

でもね、分かってない人も多いんですよ。

チラシをまいたらお客様がくる

とか

有料広告を載せたらお客様がくる

とか。

ブログを書いたらお客様がくる

とか。

メルマガをしたらお客様がくる

とか。

果ては、オーラの色を見てもらったらお客様がくるとか、除霊をしてもらったらお客様がくる、など。

教室風景

それはあくまでお客様に知ってもらう手段。

きちんとお店作りが出来てなかったら、確かに「人」は一時的に来るかもしれないけど、お買い上げはないよ。

魅力的なお店作りをしないと。

あなたも魅力的な人にならないと。

今、ネット販売で買えない物はないですよね。

ネットで買う人って

・接客がうっとおしい

・重い

・遠い

など、実店舗に行きたくない理由があるんです。

でもお店をやっているなら、あなたのお店に行く理由、作ってあげないと。

あなたのお店に行く理由、キッカケはチラシに載ってたから、かもしれないけど、それが理由だったら絶対にお買い上げに繋がりません。

入店者はお買い上げがあるまで「入店者」

一回入ってきて、何も買わずに出て行ったら、未来のお客様の可能性はあるけど、その時点では
「顧客」じゃないよね。

時々、見てもらうのが大事、気に入って買ってもらえたらいい、みたいに他人任せなこという人がいるけど、、、

ディスプレイ講座でくちをすっぱくして言う事。

「あなたのお店ってギャラリーじゃないよね?」

見せたいだけなら、ギャラリーやってください。

ギャラリーは見せたい人からお金を頂いて、スペースを提供する事です。

あなたはお店をしているなら、商品を販売して、その利益で生活をして、お店を続けていかなければいけません。

それ、できますか?

その覚悟できてますか?





まずは在庫管理とディスプレイの基礎を知りたい!という方は

無料メールセミナーの受講がお勧めです!
mainimg_top

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • お問い合わせはこちらから